The 51st Annual Meeting of Japanese Society for Pediatric Neurogastroenterology

第51回日本小児消化管機能研究会

会長挨拶▷ ページを更新する

第51回日本小児消化管機能研究会

会長漆原 直人

(静岡県立こども病院 小児外科)

この度,第51回日本小児消化管機能研究会を2022年2月19日(土)に静岡グランシップにて開催することになりました.伝統ある本研究会のお世話をできることを大変光栄に思います.また今般の新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に,対応されているすべての医療関係者の皆様のご尽力に敬意を表しております.また新型コロナウイルス感染の収束がまだ見えないことから,3密を避けるために会場をグランシップに変更いたしました.

胃食道逆流症,短腸症候群,ヒルシュスプルング病(類縁疾患)などの消化管機能障害に対する多くの術式が施行され,最近では長期の成績が報告されるようになりました.胃食道逆流症では,食道インピーダンスpHモニタリングが多くの施設で行われるようになり,従来行われていたpHモニター検査に比べ情報量は増えました.しかしどのようなことが明らかになったのか,また多くの方は検査結果の解釈に迷う方も多いのではないかと思います.小児便秘症は外来診察で多い代表的な疾患です.最近ではいくつかの新しい便秘治療薬が発売され治療薬の選択肢が増えましたが,どのように薬を使い分け治療や指導を行うのがいいのか重要な検討課題です.

そこで今回の研究会の主題は1)消化管機能障害に対する手術とその功罪,2)食道インピーダンスpHモニタリングが教えてくれたこと,3)最近の便秘治療としました。

幹事会,懇親会は研究会前日の2月18日(金)静岡市中心街にある静岡グランドホテル中島屋にて行う予定です.

新型コロナウイルス感染が一日も早く収束し,本研究会が充実した有意義な研究会となりますことを祈念致しております.どうぞ多くの皆様にご参加と演題のご応募をいただき,活発な討論をお願い申し上げます.

開催会場

グランシップ
(10階:1001)
〒422-8019
静岡県静岡市駿河区東静岡2丁目3−1

事務局

第51回日本小児消化管機能
研究会事務局
静岡県立こども病院小児外科
担当:三宅 啓
〒420-8660
静岡県静岡市葵区漆山860
TEL 054-247-6251 
FAX 054-247-6259
E-mail:
ch-surgery@i.shizuoka-pho.jp

© 第51回日本小児消化管機能研究会
Produced by Secand Co Ltd

arrow_upward

トップ